大草胃腸薬 弘真胃腸薬 大草丸 延寿丸 大地の恵みで皆さんの健康を守る大草薬品
ホーム  >  Q and A  >   便秘薬について
Q and A
便秘薬について
Q1.便秘薬の飲み方って?
A. 便秘薬は服用してから効果があらわれるまでに6~8時間かかるため、夜寝る前に服用し朝食後にお通じがくるのが理想的です。しかし、睡眠時間が少ない場合は夕食後に服用したり、朝食後に十分な時間がとれない、通勤途中でお腹が痛くなっては困るという場合には都合の良い時間に服用されてもかまいません。
1回服用量については個人差がありますので、用法・用量の範囲で服用量を加減しながら、ご自分のライフスタイルに合った飲み方を探してみてください。
Q2.便秘薬を服用する時の注意を教えてください。
A. いわゆる常習便秘には弛緩性便秘と痙攣性便秘があるといわれます。弛緩性便秘は腸管の蠕動運動が活発ではないために起こる便秘で、腸を刺激し動きを良くする下剤を服用するとよく効きます。また特に高齢の方には腸に潤いを与えて排便しやすくする緩和な下剤がお勧めです。
ただし、便秘症の方は繊維の多い食事や軽い運動、十分な水分補給、リラックスなどを心がけ、なるべく薬に頼らずに自然なお通じが得られるようライフスタイルの見直しをされることをお勧めします。
Q3.妊娠中に便秘薬を服用しても大丈夫ですか?
A. 大黄、センナなど腸刺激性下剤を含む便秘薬は、子宮収縮作用、骨盤内臓器の充血作用のため流早産の危険がありますので服用しないでください。また、下剤成分が母乳中に移行し赤ちゃんが下痢を起こすことがありますので、授乳中の服用もお控えください。
その他のご質問・ご要望は「お問い合わせ」よりお願い致します。
ホーム  >  Q and A  >   便秘薬について
| ホーム | 採用 | お問合わせ | サイトマップ | リンク |
Copyright©Ohkusa Yakuhin All Rights Reserved. Designed by BlueDiamond